金利について

金利競争はすでに激化しています

住宅ローンの金利は低水準で推移しています。そのため、以前に比べて審査も通りやすくなりました。なぜならば、審査で見るときのポイントの1つとして毎月の返済余力があるからです。これは毎月の収入のうち、返済に充当できる部分は何%かということを見るものです。例えば、25%とすれば、月給30万円の人は75000円が返済額の限界になります。この範囲で組める金額で住宅ローンを組むのです。金利が高ければ、総返済額も増えますから、借りることができる上限額は減ります。だから、金利が低いと借りやすくなるのです。金融機関は金利競争を行っており、変動金利では1%を切るところがほとんどとなりました。金利ではほとんど大差がないといえます。

手数料の引き下げ競争が起きています

そこで次に注目するべきところが住宅ローンの手数料部分になります。住宅ローンの手数料には事務取扱手数料や保証料、団体信用生命保険の保険料、抵当権設定費用、繰上げ返済手数料、固定金利設定手数料など、様々なものがあります。以前はどこの金融機関もこれらの手数料を取っていましたが、最近では、一部の手数料を無料にする動きも出てきています。特にインターネット専業銀行が参入してきてから、手数料の引き下げ競争が激しくなりました。その分、住宅ローンを申し込む側からしてみれば、住宅ローンに係るコストが下がるため、ありがたい状況となっています。この状況が急に変わるということは考えにくいです。マイホームを購入するなら今のような時期はチャンスと言えます。

Page Top